回想:ジャパンカップは来年のヒント?-1991年 ゴールデンフェザント-

スポンサーリンク

 

 

ジャパンカップが来年のヒントって、最初に言った人は誰だったでしょうか?

1991年 ジャパンカップで、8枠14番のゴールデンフェザントが1着しました。

この年の日本最強馬はメジロマックイーン。

武豊騎乗で一番人気、あっさり4着でした。

1991は馬連元年です。

ジャパンカップでは、まだ日本馬は中々勝てませんでした。

そして翌1992年に向かい、オグリキャップからの競馬ブームが、人気定着して行った年でもあります。

1992年、『桜花賞』、『天皇賞(春)』、『日本ダービー』”ゴールド”馬名馬を挟んだ両隣の馬連で決まっています。

この年こそ、サイン馬券の考え方も育って行った年でありました。

f:id:Sleipner:20190618000805j:plain

スポンサーリンク

 

 


サイン競馬ランキング