クロフネとブラックホーク

スポンサーリンク

 

ディープインパクト追悼の余韻で、金子真人オーナー絡み馬券の回想をしてみようと思います。

タイトルの2頭は、どちらも金子オーナーです。

2001年、日本ダービーが外国産馬にも開放(出走可能)になりました。

当時はまだ外国産馬との力差があった頃で、国内生産馬が条件等で守られていたんですね。

開放初年度、金子オーナーのクロフネがNHKマイルCを勝って、ダービーに出走して来ました。

オーナーは「開放初年度のダービーを勝って欲しい」という願いを込めて「クロフネ」と命名

 したそうです。あし毛でもクロフネ。

結果、

第68回 日本ダービー

8枠⑰番 クロフネ 2番人気 5着(馬券にならず)

8枠⑱番 ジャングルポケット 1番人気 1着

今も昔も、1番人気と2番人気のゾロ目は危険

うかつに手を出さないことです。

まさに”客寄せ、話題作り”に使われたクロフネでした。

翌週、第51回 安田記念

発表された枠順を見て、鳥肌だったことを覚えています。

8枠⑰番 ブラックホーク (最終的に9番人気)

ブラックホークはスプリントレースのスペシャリストで、1600mは長いと人気薄でした。

同じ8枠⑰番でクロにブラック

(これなんだぁ!!)と思いましたが、当時も今も自信がある馬券ほどコロッと外れます。

まだ、馬単もない時代。馬連の総流しを少し買いました。

画像もコピーも残っていませんが、私は日本ダービーで大敗した後でした。

f:id:Sleipner:20190804203537j:plain


サイン競馬ランキング

スポンサーリンク