2019年 札幌記念・北九州記念

スポンサーリンク

 

NST賞

単枠の1枠に石神深一。

この方、忘れた頃にメインレースに騎乗し、同枠か反対レースを教える事が多い。

さすがにこの馬は馬券にならないと思うが・・・。

新潟は2週続けてゾロ目決着。2度あることは3度はまず無い。

様子見で4枠か。

北九州記念

4枠注意。

1枠は無いか。

連勝馬を買うなら人気薄。

札幌記念

ルメールの6枠は外し難い。

何となく地味なG1馬フィエールマン。今現在の単勝2.5倍が意外と高配当?

人気になって馬券を売る役目のダービー馬は、なるべく外したい。

川田に乗り替わりの1枠が微妙。

複勝の2枠が無難か。

(結果)

何着か解らないなら複勝で十分。

f:id:Sleipner:20190818212850j:plain

そして、背伸びした馬券は必ず外れる。

複勝210円の何が不満か。信念の1点買いをするべき。

f:id:Sleipner:20190818212925j:plain

石神騎手、すみません。1枠、信じきれませんでした。

だったら、黙って6枠2頭のワイドのみを買うべきでした。

余計な馬券は収支を悪化させるだけ。

あっちの『丸』が馬券になれば、こっちの『丸』は不要です。

f:id:Sleipner:20190818213320j:plain

f:id:Sleipner:20190818213338j:plain

f:id:Sleipner:20190818213350j:plain

手のひらには乗るが、握った瞬間に指間からすり抜けるのが当たり馬券。

まだまだがんばります。

余談

池添騎手って、なんか凱旋門賞に縁が無いって言うか、かわいそくないですか?

覚えておきましょうか。

てか、土曜日、1着でしたやん。

まだ読みが甘過ぎます...。

f:id:Sleipner:20190818132357j:plain


サイン競馬ランキング

スポンサーリンク

 

2019年8月17日 土曜日

スポンサーリンク

 

 今週土曜日メインは、少頭数だが買い材料も少ない。

テレQ杯

7枠から6枠注意か。


 札幌日刊スポーツ杯

ルメールは、土日どちらか或いは両方馬券になりそう。

横山親子、藤岡兄弟が少頭数で同居。

この辺りか。


ご参考まで。


サイン競馬ランキング

スポンサーリンク

 

サイン馬券の正体①:サインは何のため? 

スポンサーリンク

 

 ”サイン馬券”なんて言葉が、今は一部競馬ファンの間では定着しています。

昔は”暗号馬券”なんて、大袈裟に言われていた頃もありました。

でも、何か不思議じゃないですか?

暗号にしろサインにしろ、そもそも何の為、誰の為にあるの??

この真実は永遠に解りませんので、仮説を立てるしかありません。

”暗号、サイン”などと言われ出したのは、1990年頃からと記憶しています。

当時の仮説は、

「運営側が暗号(サイン)を使い、馬券を購入して収益を更に上げている」

「国が暗号(サイン)で馬券を購入して、予算に組み入れている」

「勝てない騎手、調教師が、暗号(サイン)で間接的に馬券を購入して収入にしている」

等々。

そんなワケないでしょう。

スポンサーリンク

 

 私は単純に、運営さん側からの「根拠付け出来る馬券予想方法の提供」と考えています。

競馬予想の材料は、”持ちタイム、調教状況、距離や馬場適正、パドック、展開”等、数多にありますが、所詮動物が走る事。確証は何もありません。

結局は運を天に任せてくじを買うようなもの。

根拠付けは不可能が結論であり、利口な人はいつか馬券から離れて行きます。

”儲からない”が結論。

ところが、”サイン馬券”はもう一つの仮説、

”競馬は結果が前もって決まている”

を前提に、

”運営側が馬券を売るために、難解なヒントを提供し続けている”

と考えることが出来ます。

決まっているなら結果は固定ですので、後はヒントを解明するのみ。

これなら馬券を買うのは株や仮想通貨を買うのと似て、自分なりに根拠立てた予想に取り組むことが出来ます。

『いつかは大きな成果を』

競馬、馬券が廃ることは永遠にありません。

ここでまた疑問。

”競馬は結果が前もって決まている”って何?

この仮説については次の機会に。

ちなみに、このような話をオカルトと言って、クレイジーな人たちの妄想です。 

f:id:Sleipner:20190804214345j:plain


サイン競馬ランキング

スポンサーリンク