回願:2019年 宝塚記念

スポンサーリンク

 

 

土曜日の段階で、宝塚記念の1番手は①番のキセキにしていました。

枠番、馬番の細かいお話は、自己満足感がありますので割愛しますが、1頭だけ凱旋門賞の出走経験馬で出走表名馬(1頭だけではありませんが)は、馬券になると考えました。

意外と人気が低く単勝勝負と考えていましたが、最終的には1番人気となりましたので、1着は無くなりました。

どうしても外せなかったのが8枠です。

理由は幾つかありますが、一つはこのキャンペーンサイトです。

f:id:Sleipner:20190625053535j:plain

いつも思うのですが、このようなサイトは誰が見るのでしょうか。

「うたう・うらなう」なぜか平仮名で、”う”で始まり同じ”う”で終わる単語。

上から読んでも山本山、下から読んでも山本山”は、ご年配の方は覚えていらっしゃるかもしれません。

”山本山”はキセキだけです。

川柳にはゴールドシップ、占いの”逃げるが吉”はサイレンススズカでした。

宝塚記念は全て8枠で1着でした。

2番手は⑪番と考えましたが、スワーヴリチャードに1着の要素は見えませんでした。

関西でもご挨拶をして中央競馬を去ったD.レーンですが、帝王賞ではどんな役目を果たすのでしょうか。

一番手は3枠のように思います。

 

薬物除外の156頭は、今週110頭が出走して、優先出走権利馬は残り46頭になりました。

 

スポンサーリンク

 

 


サイン競馬ランキング