2019年 マイルチャンピオンシップ

スポンサーリンク

 

土曜日を振り返ると、ガンダムコラボではハロガチャに対し、今週出走の馬名で”ハロ”が含まれるのは「ハローキャンディ」のみ。

だから、なかなか馬鹿に出来ないのだが、さて、新日本プロレス馬名馬は?

アンドロメダSは、国分兄弟の同居、5枠⑩番が馬券になってしまった。

兄弟同居は、先週エリザベス女王杯の3枠 藤岡兄弟と同じパターンで、これまたマイとは...。

その国分優作、12Rでは落馬で負傷し、今日の3鞍が乗り替わり。

似たような名前の2人は、それぞれ枠ごと馬券にならずだったが、入った馬番はほぼメインRで馬券に。

スポンサーリンク

 

福島2R 

国分優作からの乗り替わりが2枠④番。

これがまず注目1番手(馬券になるかは別です)。

⑩番にプロレスっぽいデストロイヤーが居るが、あくまでも新日本プロレスで拘りたい。

いつの間にか人気だが、怪しい奴がいる。

晩秋S(東京10R)

3枠⑤番に、シロニイ君が。

もう関係無いかもしれないが、一応見ておきましょう。

嵯峨野特別(京都10R)

こちらは3枠③番に注目。

霜月S(東京11R)

嫁の馬が6枠⑪番で1番人気。

この結果でマイルCSの最終結論にしたい。

マイルチャンピオンシップ

今週は素直に考えてみましょうか。

マイスタイルは誰もが買いたくなり、外したら一番恥ずかしい馬券。

ただ、そんなに悪くもなく、後押しも二つ三つある。

土曜日にマイネルサーパスが1着で割引も必要だが、逆に5枠をばっさり切るか。

田中勝春には年男で活躍する傾向もあり。

今年は年男騎手のG1勝ちが無い。出稼ぎ外人にも年男が2人居るが。

岩田(息子)のG1初騎乗は、これまた先週の岩崎翼と同じ。

でも、こちらは所属厩舎で違和感は薄い。

マイスタイルが逃げ馬なのも先週と同じだが。

さすがに相手はダノン2頭のどちらかか。

 (気付きがあったら追記します)

≪結果≫

ガンダム馬券は、「スタジアムロック」の同枠3着。「メイショウヨザクラ」の同枠が2着。

プロレス馬券は、「レクスミノル」の同枠2着。「デストロイ」3着、「ディアマンミノル」1着。「ケイアイコブラ」も馬券になりました。

シロニイは3枠⑤番で馬券にならず、トーホウアルテミスは3枠で3着。

嫌な予感がしながら、メインレースへ。

福島民友Cは横山(息子)が1着して、まずダノンキングリーは消えました。

しかも、またマイネルだ。

そして、霜月Sは1番人気のミッキー1着でダノンの1着無し。

2枠③番の人気薄が馬券になれば、尚更マイスタイルにもかなりの危険信号。

しかも⑤が2コも馬券になって、完全に箸が止まってしまった。

ダノンプレミアムの複勝買うわけにもね。

なかなか難しいです。

消えたシロニイ君もまだ後押しになっていたようでした。

f:id:Sleipner:20191117214536j:plain

f:id:Sleipner:20191117214550j:plain

f:id:Sleipner:20191117214601j:plain


サイン競馬ランキング

 にほんブログ村 競馬ブログ 裏読み競馬予想へ 

f:id:Sleipner:20191117090809j:plain

スポンサーリンク